土地の名義変更、複雑なら司法書士にお任せ

土地の名義変更と手続き

相続、贈与、ほったらかしの土地の場合、古い記録をさかのぼって、書類集めも難航することがある

土地の名義変更、複雑なら司法書士にお任せ

実家の土地の相続で、名義変更が複雑なケースがあります。

祖父母の家や土地を、最初は叔父や叔母が相続したものの、後になって自分の親に贈与されることになり、名義変更が必要になるなどのケースです。

田舎で司法書士のあてもなく、最初の相続の段階ですら、きちんとした書類ができていないまま、何十年も放置してあったことがわかったら、自分で土地の名義変更を行うのは容易ではないということもあるでしょう。

土地の登記簿謄本を取り寄せたら、最初の相続人の名前が間違えている、今住んでいるところと、表記の住所が一致しない、抵当権が入っていたなんて、笑えないケースもあります。

それぞれの書類を仕事を早退したり、休んだりしながら集めて、管轄の法務局へ出向くのもやはり、仕事を休む必要があり、そのたびに書類に不備があれば、何度でも足を運ぶということに、当然なってきます。

また、贈与の場合は、土地の価値によって贈与税が多額にかかってくることも予想されます。

土地の名義変更、自分だけではとても無理そうだと思ったら、司法書士が間に入って、プロとして処理をしてくれます。

管轄の法務局の近くの司法書士を選ぶこともできるし、自宅そばの司法書士でも代理で仕事をしてもらえます。

土地の名義変更と手続き Copyright (C) sagescafe.biz. All Rights Reserved.