土地や建物の名義変更にかかるコストと時間

土地の名義変更と手続き

かかるコストと手間、時間を現実的に考えることも大切

土地や建物の名義変更にかかるコストと時間

土地や建物の名義変更をするには、多くの書類を準備する必要があり、それにはそれぞれコストがかかります。

相続では、不動産の権利の登記にかかる登録免許税として不動産の固定資産税評価額×0.4%がかかります。

また、戸籍謄本などの取得費用がかかります。

そのほかに不動産1筆につき2,000円(調査+事後謄本)、その他それらの書類を郵送するための費用なども実費としてかかってきます。

とくに故人の出生してから死亡するまでのすべての戸籍謄本や住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書と住民票、不動産の固定資産評価証明書、全部事項証明書などの書類は、一か所ですべてそろうケースは少ないので、不備があった場合、やり直したりすることを考えると、かなりの労力が必要になります。

近くでそろう書類とは限らず、実家のそばへ出かけて行って、宿泊しながらの準備となると、コスト、時間は現実的に考える必要があるでしょう。

役所や法務局は、平日のみ営業するため、仕事を休む必要も出てきます。

贈与の際の土地や建物の名義変更では、上記のうち、登録免許税が不動産の固定資産税評価額×2%になります。

離婚時の財産分与における土地や建物の名義変更でもやはり、登録免許税が不動産の固定資産税評価額×2%になります。

また、かかってくる税金の額も、最初に計算しておくといいでしょう。

これらのコストや時間がかかる面を考慮すると、プロの行政書士に任せるのも、申請を確実にする方法のひとつといえるでしょう。

土地の名義変更と手続き Copyright (C) sagescafe.biz. All Rights Reserved.