さまざまな土地、建物の名義変更とそのケース

土地の名義変更と手続き

土地建物を贈与する、相続する、財産を分与するときに必要な名義変更と注意点

さまざまな土地、建物の名義変更とそのケース

土地や建物の名義変更は、土地建物を贈与する、相続する、財産を分与するときに必要になる手続きです。

相続による名義変更は、それまでの所有者が、生前に所有していた土地、建物を、亡くなったタイミングで、家族に譲る際に必要になる制度です。

相続人が複数いる場合は、相続人を決め、相続するものが金銭などではなく、不動産のケースは、その名義変更をする必要が出てくるわけです。

土地や建物の贈与で、名義変更する場合は、用意する書類が変わり、贈与する側、される側の双方が手続きを取る必要がでてきます。

贈与には高額な贈与税がかかります。

同時に特例を受ければ、税金はかからないまま贈与が可能にもなります。

財産分与は往々にして、離婚時に夫婦で、それまで共同で作ってきた財産を分配することをさします。

分配するべき財産の内容によって、預貯金のように分配が可能ではない土地、建物のような不動産では、名義変更を行うことで、分配の手続きにします。

親から子への贈与税のケースのように、特例をうけることができないのが特徴で、分配をする側、一般的に夫名義を妻名義に名義変更するケースでは、夫に、税金がかかります。

譲渡所得税といわれるものです。

土地の名義変更と手続き Copyright (C) sagescafe.biz. All Rights Reserved.