土地の名義変更に必要な書類とその準備

土地の名義変更と手続き

固定資産税などのトラブルにならないよう、不動産に関して相続手続きは早めに行う

土地の名義変更に必要な書類とその準備

相続の際の土地の名義変更で、相続登記申請書を作ります。

これを持って、法務局へ、家、土地などの不動産の名義変更に出かけて行きます。

申請書に関しては、法務局では定型の書類の準備がありません。

自分で申請書として書類を作成していく必要があります。

法務局のホームページでは、相続登記申請書のひな形があるので、それを参考にA4サイズの用紙などに作るのが良いでしょう。

書類は、故人の戸籍謄本を取るのが少し手間でしょう。

生まれてから死亡までのすべての戸籍謄本は、一般的にさまざまな市町村の役所にあるケースがほとんどですから、少し手間がかかります。

不動産関係の全部事項証明書は、法務局で取得することになります。

土地の名義変更は、土地所在地の近くの法務局へ申請します。

土地の名義変更の新しい権利証が発行されるまでは、1週間から2週間程度の時間がかかります。

土地の名義変更は、故人が亡くなってからそのまま放置してしまうと、管理にかかる費用、担保の設定、固定資産税の納税などの面で、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。

土地、建物などの不動産の名義変更に関しては、早めに相続人の意見をまとめておくのが大切です。

こちらのサイトにも詳しい説明がされているので、ぜひ読んでみてください。
http://2020georgia.org/

土地の名義変更と手続き Copyright (C) sagescafe.biz. All Rights Reserved.